関西のJR特急 相次いで「全席指定」化 「くろしお」「きのさき」ほか

いよいよ主力特急にも「自由席消滅」の波が!

消えつつある「自由席」

Large 211201 shitei 01
白浜方面の特急「くろしお」として運転される283系電車。

 JR西日本は2021年12月17日(金)、来春のダイヤ改正で、関西圏を中心に複数の特急列車を全席指定席とすることを発表しました。

 対象となるのは白浜・新宮方面の「くろしお」、城崎温泉方面の「こうのとり」、城崎温泉・舞鶴・丹後方面の「きのさき」「はしだて」「まいづる」です。

 また、北陸方面の「サンダーバード」「しらさぎ」(6両編成をのぞく)は、5~7号車に設定されている自由席のうち、7号車を指定席に変更します。
 
 JR西日本の特急列車では、これまで、JR神戸線の通勤特急「らくラクはりま」が2020年7月から、但馬方面の特急「はまかぜ」と琵琶湖線の通勤特急「びわこエクスプレス」が2021年3月から全車指定席となっています。

【了】

※一部修正しました(12月18日11時58分)。

【画像】見納めの自由席はどこ? 特急ごとの列車編成

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ありがとうございます。緑色のJRにに続き、青色のJRも全席指定化が進んできました。しかも、緑色のJRとは違い、基本の特急料金(つまり普通車指定席特急料金)はそのままなので事実上完全な値上げですね(ちなみに緑色のJRは全席指定にする代わりに特急料金は値下げで、座席を指定しなくても同額の料金で当日内で有れば同線内の特急の空席着席は可能)。更に全席指定化による対策としてe5489でチケットレス特急券を現行の自由席と同額又はそれよりも安い料金で発売すると言うが、このチケットレス特急券はチケット受付タイプものと違って従来のようにクレカ決済限定なので、クレジットカードを持っていない人にとっては事実上のぼったくりになりますね。今後は青色のJRのすべての在来線特急が全席指定化して(新幹線の方は山陽新幹線のほうは橙と赤のJRの絡みから自由席はまだ暫くは存続することでしょうし、北陸新幹線の方は緑色のJRが既に新在すべての特急列車が全席指定化することが発表されている事から全列車全便全席指定になる事でしょう[ついでに敦賀開業時には今回の改正では自由席が削減されながらも自由席が存続となったサンダーバードやしらざぎも、道連れのように全席指定化すること間違いないでしょう])、クレカ不所持者から金を巻き上げるつもりでしょう。