日本海側や岐阜・長野など大雪 通行止めも NEXCO出控え呼びかけ

日本海側を中心に大雪となる見込みです。

14日にかけて大雪が続く

Large 220114 yuki 01
通行止めがつづく東海北陸道(画像:NECO中日本)。

 2022年1月13日(木)14時現在、日本海側や中部・信越・関東北部の大雪により、道路の通行に影響が出ています。

 国土交通省では13日から14日の間に大雪が発生するおそれがあるとして、大雪の地域では不急不要の外出を控え、やむを得ない場合は冬タイヤの装着とチェーンを携行するよう呼び掛けています。

各地方整備局で大雪が予想されると呼びかけられている地域は以下のとおり。
・北陸地方整備局:北陸地方各県の山沿いや山地
・中部地方整備局:岐阜県山地や三重県北中部
・近畿地方整備局:福井県と近畿北部、中部の山地など
・中国地方整備局:鳥取県・島根県など山陰地方

 これをうけ、NEXCO各社など道路事業社でも注意を呼びかけています。

 NEXCO西日本では山陰地方で大雪が予想されることから、山陽道などへの迂回を呼びかけています。

 13日14時の時点で、通行止めが発生しているのは東海北陸道の郡上八幡IC~白川郷IC間。今後、白川郷IC~福満IC間のほか、上信越道の長野IC以北でも、通行止めが発生する可能性があります。

【了】

【通行止めが予想される地域と区間】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント