豪雪の救世主「陸上自衛隊の雪上車」なぜ雪に強いのか 使い勝手が向上した納得の理由

自衛隊は、大雪でトラックなどが動けない場合に備えて、複数の雪上車を保有しています。ただ、これらは普段は表に出ることが少ないため、あまり馴染みがありません。民間とは異なる自衛隊ならではの雪上車を見てみます。

すでに約70年の歴史 国産雪上車こと始め

 2021年1月5日(火)、記録的大雪に見舞われた秋田県は、陸上自衛隊に災害派遣を要請、これを受け、翌6日から秋田駐屯地の第21普通科連隊が除排雪作業にあたっています。

 そもそも雪中での戦いにおいて、戦車や装甲車などの装軌車両、いわゆる「キャタピラ車」は接地圧が低いため、積雪地でもある程度、走破が可能です。他方でオートバイやトラックなどの装輪車両となると、市販車よりもオフロード性能が高いとはいえ、悪路走破性に限界があることから、雪のなかを戦車や装甲車などに追随していくのは難しそうです。

 そこで、陸上自衛隊ではタイヤ駆動の支援車両の代わりに雪上車を多数、装備しています。陸上自衛隊の源流は、1950(昭和25)年に発足した警察予備隊ですが、当初よりソ連(当時)の北海道侵攻をにらんで、その防衛のために人員や装備を充実させてきた経緯があります。そのため、冬場も支障なく活動できるよう、1950年代初頭から雪上車の開発を始めていました。

Large 210107 snowcat 01

拡大画像

10式雪上車(向かって左)と78式雪上車(同右)。一見して前者のほうがフロントガラスが大きい(柘植優介撮影)。

 警察予備隊が発足した当初は、アメリカ軍から供与されたM29汎用装軌車が雪上車として使われていたものの、あまり使い勝手が良くなかったのか、1953(昭和28)年に保安庁技術研究所(現在の防衛装備庁)において雪上車が試作されます。

 開発に際しては小松製作所や後述する大原鉄工所の技術支援を受け、53式(1953年開発)、54式(1954年開発)、55式(1955年開発)と様々な雪上車を製作、各種試験のなかで試行錯誤を重ねつつ、技術を蓄積していきます。その結果、1960(昭和35)年にガソリンエンジン搭載の60式3t雪上車を、翌1961(昭和36)年にはディーゼルエンジン搭載の61式大型雪上車を相次いで開発・採用するまでに至りました。

【写真】陸自の白い雪上車/ド派手な空自の雪上車

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 昭和基地で使われてる雪上車も大原鉄工所製。