「プラネタリウムつき路線バス」岡山・両備バスで限定運行 「宇宙一面白い公共交通」めざす

これも実質「屋根なしバス」なのでは…?

毎日夕夜に1往復運行

Large 220114 hoshi 01

拡大画像

プラネタリウムバスとして運行する「SOLARVE(ソラビ)」(画像:両備バス)。

 岡山県を中心にバスを運行する両備バスは2022年1月13日(木)から、バス車内で星空などを楽しめる「幸運のプラネタリウムバス」の運行を開始しました。運行は25日(火)までです。

 この取り組みは両備グループが「2022年、ここがバス事業存続の正念場」として推進する「宇宙一面白い公共交通を目指すプロジェクト」の一環として行うものです。

「幸運のプラネタリウムバス」はプロジェクターで星空や星座にちなむ映像などを車内に映し出します。2010年に両備バスがハイブリッド車両を改装した「SOLARVE(ソラビ)」(定員44名)を使用します。

 期間中は毎日夕夜に、西大寺~岡山駅で1往復運行。平日は西大寺19時00分発、岡山駅19時55分発。土日は西大寺17時00分発、岡山駅18時05分発です。

【了】

【路線バスでプラネタリウム? 車内の様子】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント