昔は「コンコルド」専用! 英BA花形「1便」がなぜか小型旅客機に継承されたワケ

旅客機の「便名」の決め方は、航空会社ごとに異なります。イギリスのBAではかつて「1便」「2便」を「コンコルド」に付与も、その後A318がこれを担当しました。なぜでしょうか。

A318で「BA1便」復活?

 旅客機の「便名」の決め方は、航空会社ごとに異なります。ただ「1便」「2便」は一般的に、会社それぞれの“花形路線”に付与される傾向にあります。たとえばJAL(日本航空)では羽田~サンフランシスコ線へ、ANA(全日空)では成田~ワシントン・ダレス国際空港線へ、それぞれ「1便」「2便」を付与しています。

Large 01

拡大画像

ブリティッシュ・エアウェイズの「コンコルド」(画像:ブリティッシュ・エアウェイズ)。

 イギリスの大手航空会社、BA(ブリティッシュ・エアウェイズ)ではかつて「1便」「2便」を、かの伝説の超音速旅客機「コンコルド」運航路線のみに付与していました。1976年にBAで就航した「コンコルド」は、ロンドン~ニューヨークJFK線へ同機を投入。ここに「BA1便」「BA2便」を付与し、特別な機内サービスも提供されるなど、まさに同社の花形的な路線でした。

 しかし、「コンコルド」は他社の航空事故を発端に、2003年に運航を終了。これにともなって、この便名は“欠番”扱いとなりました。

 ただその後、BAの「1便」「2便」は、ユニークな形で復活を遂げることとなります。

 「コンコルド」の退役後BAで「1便」「2便」を担うことになったのは、「ベビーバス」と呼ばれた小さなジェット旅客機、エアバスA318でのロンドン~ニューヨーク線だったのです。

【貴重かも!】いまとは違う? 「コンコルド」のコクピット(写真)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. >ワシントン・ダラスフォートワース
    ワシントン・ダレスの間違いですよね?
    こんな初歩的な間違い、乗り物専門のメディアとして恥ずかしくないのでしょうか。

    • ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。