黄色じゃなくていいのか「軽自動車の白ナンバー」4年間で起きた揺り戻しと今後

軽自動車のナンバープレートといえば黄色。ところが最近は、白いナンバープレートの軽自動車を目撃する機会が増えています。白いプレートは特別仕様のナンバープレートですが、そもそも、なぜ黄色でなくて白で問題ないのでしょうか。

白いナンバープレートの軽、問題ないの?

 最近よく見かける、軽自動車の白いナンバープレート。軽自動車のナンバーは通常は黄色ですが、白で問題はないのでしょうか。

Large 220117 kei 01

拡大画像

東京オリパラ特別仕様の白ナンバーをつけた軽自動車(乗りものニュース編集部撮影。番号を消しています)。

 軽自動車の白ナンバーの正体は、2019年ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート、もしくは、東京2020オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバープレートの一種です。プレート全体に図柄の入ったもの(交付には申込時に1000円以上の寄付が必要)と、白いプレートの右上にそれぞれの大会エンブレムがあしらわれたものがありました。その後者の自家用軽自動車軽用プレートが、ここでいう「軽自動車の白いナンバープレート」です。なお、いずれの特別仕様ナンバープレートともすでに交付を終了しています。

 東京オリパラのナンバープレートは、2021年までのおよそ4年間で約289万4000件が交付されましたが、実に9割近くを軽自動車の白ナンバー(寄付なし)が占めたことからも、人気の高さが伺えます。定額カーリース事業を手がけるナイル(東京都品川区)が2021年6月、クルマを所有する男女を対象に実施したアンケートでは、軽自動車オーナー627人のうち38%が「黄色いナンバーは嫌だ」と回答。黄色以外のナンバーを利用したい・利用しているとの回答は49%でした。

 ただ本義としては、軽自動車は黄ナンバーのはず。こういう例外もあるとなると、そもそもなぜ軽は黄ナンバーなのか、気になるところです。

【軽の白ナンバーやっぱダメ?】追加されていった「黄色い枠」 画像で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 料金徴収での誤徴収の問題は、黄色が導入された時点で、既に答えは出ているはず。黄色い枠という案はその時点で出なかったのだろうかと疑問に思う。
    黄色い枠付が最初から導入されていれば、軽自動車の白ナンバーの払い出しはもっと少なかったでしょうね。
    ついでですが、ナンバープレートが何のために付けられているのかを考えれば、ちょっと離れただけで数字の識別がしにくくなる絵入りが導入されたことも疑問ですね。ひき逃げなんかあってもナンバーが分からない事例が増えるんじゃないですかね。
    透明のカバーですら角度を変えれば見にくくなるとのことで禁止された訳ですから。

  2. 車はどんどん進化している、特にスタイルのいい外車、国産も良くなったこともありナンバープレートも進化させないといけません。
    漢字を英文で品川ーSinagawa、はーHa、番号も少し小さくセンスのいい字体、プレートは横長でセンスが必要です(ヨーロッパふう)