都営三田線の新型6500形、5月中旬に運行開始 8両化し輸送力増強

三田線の、相鉄線への直通も決まりました。

Large 無題

拡大画像

都営三田線の新型車両6500形(画像:東京都交通局)。

 東京都交通局は、都営三田線の新型車両6500形(8両編成)を、2022年5月14日(土)に運行開始します。

 三田線は現行6両編成です。新型車両の定員は1172人(現行862人)であり、輸送力が増強します。2022年度末までに、順次13編成が導入予定です。

 6500形の全車両には、防犯カメラとフリースペースが設置されます。また車両のデータをリアルタイムで収集する「車両情報収集システム」が搭載され、蓄積したデータの有効活用 が図られます。稼働開始は2022年度下期が予定されています。

 なお三田線は翌2023年3月から、現在も直通運転している東急目黒線を介し、東急新横浜線や相鉄線とも直通運転することが決定しています。

【了】

【写真】新型車両6500形の車内

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 東京メトロ南北線に19000系が出るのはいつでしょうか…