「あまり乗らない」の声最多 東京メトロ南北線&都営三田線 どう便利なのか 近く大変身?

東京メトロ南北線と都営地下鉄三田線、どちらも東京の地下鉄のなかで、乗ったことがない、あまり乗らない、という人がとりわけ多い路線のようです。どういった路線なのでしょうか。実は、近く大化けする可能性もあります。

建設遅れた南北線、不遇な歴史の三田線

「乗りものニュース」では2021年4月23日(金)から4月26日(月)にかけて、東京の地下鉄路線に関するアンケートを実施。907人から回答が集まりました。
 
 そのなかで、「利用したことがない路線、あまり利用しない路線はどれですか」との質問で最も回答が多かったのが、「東京メトロ南北線」51.8%、その次が「都営地下鉄三田線」45.4%でした。その次の東京メトロ副都心線33.5%と比べても、南北線と三田線の数値は圧倒的といえます。

Large 210520 nambokumita 01
左から都営三田線の6300形電車、東京メトロ南北線の9000系電車(画像:写真AC)。

 どちらの路線も南側で東急目黒線と直通し、目黒~白金高輪間は共用区間、そこから南北線は皇居の西側、三田線は東側へと伸びていきます。南北線は赤羽岩淵駅から埼玉高速鉄道線に直通し浦和美園駅まで、三田線は白山通り・国道17号沿いに板橋区へと北上し、高架区間となったのち板橋区の西北に位置する西高島平駅まで運行されています。

 両路線が比較的地味な理由のひとつとして、山手線の大ターミナル駅に接続していないことが挙げられるでしょう。目黒のほか、南北線の接続駅は駒込、三田線は田町(三田駅と接続)と巣鴨であり、いずれも主要駅とは言い難いところです。この点は、「利用したことがない、あまり利用したことがない」で回答が多かった都営地下鉄新宿線や浅草線などとも共通しています。

 もうひとつ、南北線に関しては比較的歴史が浅いことも影響しているかもしれません。南北線は車両基地用地の問題などから他路線よりも建設が遅れ、1990年代以降に開業しました。そのぶん、ワンマン運転を実施したり天井部近くまで達するホームドアを開業時から備えていたりと、様々な新機軸が盛り込まれました。

 一方の三田線は、1968(昭和43)年の志村(現・高島平)~巣鴨間の開業を皮切りに、1976(昭和51)年には西高島平~三田間がつながりました。しかし、西高島平から東武東上線に乗り入れる計画が中止され、三田から先も計画では東急池上線に乗り入れるはずだったのが、目黒線に変更されるといった紆余曲折を経て、全線開通(三田~目黒間の開通)は2000(平成12)年までずれ込んでいます。

【画像】南北線&三田線の路線図/「あまり利用しない路線」調査結果

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 東急線沿線に向かうとき、
    副都心線が東横線に直通しだしてから、
    山手線からの乗り換えは目黒線を多用することになった。
    理由は、渋谷駅が深すぎで使いづらいから。

    目黒駅は大きなターミナル駅ではない=動線が少なくて使いやすい。

  2. で、ちょっと続き。
    もちろん(不慣れな)副都心線は使わないようにするから、そのまま三田線と南北線を使う機会が多い。

  3. 湘南台-日吉-三田-御成門-水道橋間が直通になるから、どっかの大学生には便利でしょう?