韓国Hyundai日本再参入なぜ? 乗用車で12年ぶり 日本に残る600台との“絆”

2車種以外も、の声も。

ゼロエミ2車種で日本にカムバック

 韓国の自動車メーカーHyundaiが2022年2月8日(火)、日本の乗用車市場への再参入を発表しました。従来「ヒュンダイ」と呼ばれていましたが、カナ表記は「ヒョンデ」に改められています。

Large 220208 hyundai 01

拡大画像

ヒョンデ「アイオニック5」(画像:Hyundai Mobility Japan)。

 ヒョンデは2001(平成13)年に日本の乗用車市場へ参入しましたが、2009(平成21)年に撤退。日本法人である現代自動車ジャパンは存続し、大型バス「ユニバース」の販売やメンテナンスのみを提供してきました。今回はヒョンデ モビリティ ジャパンに社名変更のうえ、12年ぶりに乗用車市場へ参入します。

 販売車種はZEV(ゼロエミッションヴィークル)の2車種、EV(電気自動車)の「アイオニック5」と、水素を用いるFCEV(燃料電池車)の「ネッソ」です。5月からオーダーを開始し、7月からデリバリー予定。なお再参入にあたっては、全国展開のディーラーを持たず、オンラインで完結する販売形態で、「スマホネイティブの若年層消費者へのコミュニケーション」を重視する姿勢を打ち出しています。

「撤退時点で、日本のお客様にご利用いただいていたヒョンデの車両は1.5万台。そこから12年がたった今では、全国で600台ほどになっています。この間、私たちヒョンデの車をご愛用いただいているお客様に、毎年車両点検を提供し、大切なお客様との絆を守り続けてきました」

 記者会見でこう述べた韓国ヒョンデの張在勲(チャン・ジェフン)社長は、再参入の決断にあたり、ユーザーとの「絆」を強調。そのうえで、「参入にあたっての私たちの姿勢は『迷途知返』という言葉で表すことができます。これは、一度道を誤った後に、正しい道に戻って改めるという意味のことわざです」と決意を新たにしました。

 また、日本には今回の2車種のようなZEVを中心に投入するといいます。日本が特に「脱炭素化」への意識が高まりつつある市場だと捉えている、ということです。

 今回の2車種は、カーシェアサービス「エニカ」でも提供される予定で、発表の前から、シェアリングポートへ配置されていたアイオニック5などが一部で目撃されており、丸みを帯びたSUVのボディに長方形で構成されたライト類など、そのデザインがSNSなどで話題になっています。

 価格はアイオニック5が479万円から、ネッソが776万8300円(いずれも税込み)です。

【了】

【未来感たっぷり】現代が日本に問う2車種 写真で見る

最新記事

コメント

Leave a Reply to でwfgvれ Cancel reply

2件のコメント

  1. 過去にKIAが日本に進出したことがあった。
    千葉ニュータウンにオフィスを構えたのだが、まあそこのスタッフの質の悪さに驚愕したものだ。
    近所の焼き肉「ファミレス」である安楽亭でやれ「食器の置き方が違う。」「肉を出す順番は韓国ではこうだ。」「薬味が少ない。」等々クレームを言って従業員を罵倒する光景を何度も目撃した。
    車の品質以前に社員の品質向上が先と言うことだ。

  2. 爆発物を日本の道路に走らせないでいただきたい。自分が選択することはないが、他者が選択しても迷惑極まりない。韓国産の劣悪車は輸入自体を規制すべきだろう