国内空港初「”5G”活用の自動運転バス」登場 成田空港で実証実験へ 14日から

5G、なにに使うんでしょう。

遠隔監視などに使用

 NTT東日本、KDDI、ティアフォー、成田空港を運営するNAA(成田国際空港)などは、2022年2月14日(月)から2月28日(月)まで、「ローカル5G」及びキャリア通信を活用し、成田空港制限区域内で遠隔監視型自動走行バスの実証実験を実施します。この取り組みは、国内空港では初とのことです。

Large 01

拡大画像

成田空港(乗りものニュース編集部撮影)。

 今回の実証実験では、自動運転車両「GSM8」を用いて同空港第2~第3ターミナル観の制限区域内を自動走行(ドライバー有り)し、制限区域内の実装に向けて課題抽出を実施します。

 複数の車載カメラ映像を用いた遠隔監視等のための通信手段として、「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」「多数同時接続」が可能な5G技術を活用。5G・キャリア通信による冗長化を行い、遠隔監視などの技術的な検証を行うとのことです。

 この実証実験は人手不足への対応や、ヒューマンエラーに起因する車両事故リスクの軽減を目的とした自動運転技術の導入を目指すもの。少子高齢化により労働人口減少するなか、自動運転技術は、その解決策の一つとして注目されているとしています。

【了】

【未来!】 表や写真でサッと知る「5G自動運転バス実験」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント