BMW「i4」 初の4ドアクーペEV登場 大排気量車をしのぐ力強さ電気で

ホントはグリル要らないんですけど、アイコンなので!

グランクーペで初のEV

 BMWは2022年2月16日(水)、都内でクルマとバイクの新型電動モデル発表会を開催、そのなかで新型のEV(電気自動車)「i4」をお披露目しました。同日から販売開始、納車は3月以降の予定です。

Large 220217 i4 01

拡大画像

BMW i4 M50(画像:BMW)。

 グランクーペと呼ばれる4ドアクーペでは初のEVモデル。フル充電にて航続可能距離は590kmと、従来のEVモデルより大きく伸びています。

 また、パワーも向上しています。基本グレードのi4 eDrive40で最高出力250kW(340PS)、最大トルクは430Nm。4輪駆動モデルのi4 M50は最高出力400kW(544PS)、最大トルクは795Nmに上ります。BMWプロダクトマネージャーの岩崎 格さんによると、このトルクはV8エンジンの大排気量車をしのぐレベルだそうです。

 さらに、BMWの国内認可取得モデルとして初の「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載。高速道路での渋滞時に文字通り、ハンドルから手を放しての走行が可能になります。いわゆる「レベル2」の自動運転技術で、ドライバーが前方を注視しているなど、一定の条件で作動します。

 i4の税込み価格は750万円からです。

【了】

【BMWの新型EVを画像でじっくり見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント