レインボーブリッジを渡る都バス、廃止へ 東京駅~浅草~錦糸町「夢の下町バス」も

路線図にも無い「幻の都バス路線」がまもなく見納めです。

3月末に3路線が運行終了

Large 201205 tobasu 01

拡大画像

3月末で廃止される「東京→夢の下町バス」(画像:東京都交通局)。

 東京都交通局は2022年3月1日(火)、都営バスの3路線を3月31日(木)をもって運行終了とすることを発表しました。

 運行終了となるのは、「波01出入」「S-1」「東20」の3路線。

「波01出入」は品川駅港南口から海岸通りを経由し、レインボーブリッジを渡ってお台場へ入り、東京テレポート駅へ向かう路線です。

 お台場から埋立地を延々と南下し中央防波堤まで向かう「波01」の派生路線で、車庫からのバスの回送を利用したものです。品川駅発が早朝の2本、東京テレポート駅発が夜の2本のみ設定。都バスがレインボーブリッジを渡る唯一の路線で、路線図にも書かれていないレアな存在としてファンに人気でした。

「S-1」は「東京→夢の下町」という愛称で、東京駅から上野、浅草、東京スカイツリーを経由して錦糸町駅まで向かう路線です。通常は上野松坂屋発で、土休日のみ1日4本が東京駅丸の内北口発となっていました。下町周辺の観光地をつなぐ「観光路線」の意味合いが強かった系統ですが、廃止後は「並走する他の路線等をご利用ください」としています。

「東20」は東京駅から永代通りを東進し、木場駅から三ツ目通りを北上。東京都現代美術館を経由して、錦糸町駅に向かう路線です。新橋~勝どき~豊洲~押上をむすぶ「業10」と違い、現代美術館では敷地内のロータリーまで進入するのが特徴でした。

【了】

【廃止される3路線のルートを見る】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント