「多摩南北道路」縦断! 京王バス新路線は多摩川越えのロングラン ただし本数少

かなり便利そうなんだけど、いかんせん本数が……。

新府中街道を駆け上がる新路

 京王バスが2022年4月1日から、新路線「永80」系統の実証運行を開始します。

Large 220301 naga 01

拡大画像

多摩川に架かる関戸橋。ここを越える京王バスは現時点で土休日1本しかない(画像:Google Earth)。

 始発は京王相模原線の京王永山駅(東京都多摩市)。そこから北上して多摩川の関戸橋を渡り、京王線の中河原駅(府中市)、南武線の西府駅(同)を経由、多摩総合医療センター(同)が終点です。

 都市計画道路として整備が進む「多摩南北道路」のひとつ、鎌倉街道・新府中街道を延々8km近く北上するロングラン路線となります。終点の総合医療センターは、中央線・武蔵野線の西国分寺駅まで直線で1km弱といったところです。

 ただし、実証運行とあってか、本数は平日7時05分永山駅発の1本(北行き)のみ。所要時間は45分ほどです。永山駅から総合医療センターまでは390円(IC388円)、中河原駅から総合医療センターまでは260円(同252円)となっています。

【了】

※誤字を修正しました(3月6日12時51分)。

【多摩南北縦断!】京王バス新路線のルートほか 画像で見る

最新記事

コメント