京王バス新路線「渋谷発“新宿経由”新橋行き」に乗車 まさに東京観光な不思議ルート

京王バスが渋谷駅~新宿駅~新橋駅間に新規バス路線を開設。JR山手線を横断する長距離路線は、まるで都心を観光するかのようなルートです。往路と復路で異なる車窓を味わってきました。

やって来たのは燃料電池バス「SORA」

 2021年10月1日(金)、京王バスが渋谷駅から新宿駅西口を経由して新橋駅に至る「052系統」を開設しました。運行本数は1日あたり3往復で、運賃は他の都区内路線と同様に大人210円(現金・ICとも)です。どんな路線か実際に乗車してきました。

 乗車したのは午前10時35分に渋谷駅を発車する第1便です。渋谷駅の停留所、2番乗り場(編注:京王バスウェブサイトでは0番とも案内されている)には、時刻表とともに「祝開業」のポスターが掲出されていました。この乗り場は吉祥寺駅北口行き、府中駅行きの深夜急行バスの停留所も兼ねていますが、現在両線は新型コロナの影響で長期運休中。商業施設「渋谷マークシティEAST」の真ん前という絶好のロケーションながら、発着するのは「052系統」のみです。

Large 211005 keiobus 01

拡大画像

新橋駅停留所に停車する京王バスの「052系統」。車両は燃料電池バス「SORA」(2021年10月2日、蜂谷あす美撮影)。

 おそらく新規路線のお祝い乗車であろう雰囲気の方が9人ほど待機。午前10時33分、方向幕に「新橋駅」と表示した燃料電池バス「SORA」が到着し、ちょっとした撮影会になりました。

 バスは定時の35分に発車し、神南一丁目、渋谷区役所を経由しながら新宿駅西口を目指します。各停留所では、待っている方たちに対して運転士さんが「新宿駅行きでーす」とアナウンス。渋谷駅から新宿駅西口は同社の「宿51系統」も運行されていますが、見慣れぬバス、行先ゆえに乗車を躊躇される方もいるのでしょう。途中の参宮橋駅停留所では、いったんバスに近づき、そして離れかけたものの、運転士さんの「新宿行きますよ」に安堵しながら乗り込む方も見られました。

 午前11時1分、新宿駅西口に到着。途中の停留所からの利用者はほぼ全員が下車します。発車時刻の11時5分まで小田急百貨店の真ん前で停車している間、「これはなに?」と係員に尋ねたり、写真に収めたりする通行人を目撃しました。

 新宿駅西口を発車すると、いよいよ「052系統」の本領発揮、JR山手線の内側に入り込みます。ちなみに終点、新橋駅まで途中の停留所はたった3つ。まずは新宿御苑に停車します。ピカピカの案内表示板には「新橋駅」とのみ書かれていました。

【片道210円で東京観光♪】「052系統」の路線図&沿線風景

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント