「踏切ネーミングライツ」小田急が実施 踏切は「広告媒体」になりうるか イメージUP狙う

ちょっと駅名標みたいな踏切愛称版。

人が足を止める場所、それが踏切

 小田急電鉄は2022年3月29日(火)、踏切のイメージアップと新たに広告として有効に活用することを検証すべく、「踏切ネーミングライツ」の実証実験を行うと発表しました。

Large 220329 hadano 01

拡大画像

東海大学前1号踏切(画像:小田急電鉄)。

 3月30日(水)から9月30日(金)まで、神奈川県秦野市の東海大学前1号踏切の愛称を「はだのモーピク踏切」とし、愛称板などを掲出します。「はだのモーピク」は秦野市の公式動画チャンネルで、広告物にはチャンネルへリンクする二次元コードがつきます。

「踏切は、安全確認のために自然と足を止めていただける場所で、電車が通過するまでの間、ご利用の皆さまにお待ちいただく場所でもあります。本実証実験では、秦野市に協力いただきながら、踏切のイメージアップと広告媒体としての可能性を検証します」。小田急電鉄は実証の趣旨をこう説明します。

 実証期間における動画視聴数などの動向を踏まえて、展開の拡充を検討。将来的には地域の商店や個人事業主などが、踏切を広くPRする場として利用できる制度設計を目指すとともに、踏切のイメージアップを図り、待ち時間の心のゆとりや周囲への見守りなど、安全性向上の効果も期待しているといいます。

【了】

【ネーミングライツでつく愛称ほか 画像で見る】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント