「走る古民家」って? ユニーク観光列車登場 お座敷はボックス席に再リニューアル

座敷よりボックスシートの方がお年寄りは楽?

秋田内陸縦貫鉄道の新観光列車デビュー

 秋田県の南北を結ぶ秋田内陸縦貫鉄道に新しい観光列車「秋田マタギ号」が2022年4月2日(土)にデビューしました。

Large 220401 akita 01
秋田マタギ号(画像:秋田内陸縦貫鉄道)。

 2両編成のディーゼルカーを改造した「お座敷列車マタギ号」をさらに改造したものです。コンセプトは「走るマタギの古民家」。沿線地域のマタギ文化に関心を高めてもらえる外装とし、畳敷きの座敷席は、背もたれ式のボックスシートへ変更するなどしたそうです。

「秋田マタギ号」は貸切列車のほか、「急行もりよし号」としても運行されます。

【了】

【ドキっとするほどデカい「銃を持った人」】秋田マタギ号の外観 写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント