大阪メトロ 淀屋橋駅など9駅のリニューアルデザイン決定 大阪港駅には展望デッキも

大阪港駅の展望デッキはホーム西側です。

2024年度までにリニューアル完了予定

 大阪メトロは2022年4月7日(木)、御堂筋線淀屋橋駅、本町駅、大国町駅、天王寺駅と中央線大阪港駅、弁天町駅、本町駅、谷町四丁目駅、森ノ宮駅のリニューアルデザインを発表しました。

Large 220407 osaka 01

拡大画像

御堂筋線淀屋橋駅のリニューアルデザイン(画像:大阪メトロ)。

 同社では中期経営計画(2018~2024年度)で「地下空間の大規模改革」を掲げており、老朽化した駅の壁・天井の剥離や落下等の防止対策など、駅の安全性を確保する工事に合わせて、魅力的なデザインや機能を充実させ、駅自体を楽しんでもらう空間として提供する取組みです。2019年8月には御堂筋線梅田駅、心斎橋駅など5駅のデザインを発表し、リニューアル工事を進めています。

 淀屋橋駅は「アーチ構造の象徴」、本町駅は「インターセクション」、大国町駅は「地下構造が美しい駅」、天王寺駅は「柱の美、格子の美、光の美」、大阪港駅は「海」、弁天町駅は「ステーション アート」、谷町四丁目駅は「ジャポネスク」、森ノ宮駅は「フォレスト」がデザインコンセプト。このうち、大国町駅と大阪港駅、森ノ宮駅では展示スペースや展望デッキが設けられます。

 駅のリニューアル工事は2024年度までに完了する予定です。

【了】

【画像】各駅のリニューアルデザインを見る

最新記事

コメント