まるで動く博物館!「東急100周年トレイン」 7路線7種類 過去最大規模の記念列車

東急グループ創立100周年を記念して7路線で運行する特別企画列車「東急グループ100周年トレイン」の目黒線バージョンがお披露目されました。車体側面は100周年のロゴでラッピング、車内も100周年を記念したポスターで埋め尽くされています。

東急100年の歴史をポスターで紹介

 東急は2022年4月10日(日)、目黒線で運行する特別企画列車「東急グループ100周年トレイン」を元住吉検車区(神奈川県川崎市)で披露しました。

「東急グループ100周年トレイン」は、東急グループが9月2日(金)に創立100周年を迎えることを記念して運転されるもので、披露された目黒線の3020系以外にも池上線7000系、田園都市線2020系、世田谷線300系、東横線5050系、東急多摩川線7000系、大井町線9000系の各1編成が「東急グループ100周年トレイン」となります。7路線で同一の特別企画列車を運行する取組みは、東急グループでは過去最大規模とのことです。

Large 220410 tokyu 01

拡大画像

東急目黒線の3020系「東急グループ100周年トレイン」(2022年4月10日、深谷真吾撮影)。

 3020系の車体前面には100周年ロゴのヘッドマーク、側面には100周年ロゴを基調としたラッピングが施されています。車内は1922(大正11)年の目黒蒲田電鉄創立から今日に至る歴史までと今後の取り組みを紹介したポスター、東急線を走ってきた歴代車両を紹介するポスター、さらには東急のまちづくりの原点となった田園調布の歴史を紹介した「田園調布の100年」のポスターも掲出しています。

 この日、3020系の「東急グループ100周年トレイン」は臨時列車として運行を開始。田園調布が地元の約30人を乗せて12時20分ごろに田園調布駅を出発。目黒へと向かっています。

 これに先立ち、田園調布駅前広場では出発式を開催。東急グループ代表で東急の野本弘文 代表取締役会長は「田園調布は東急のブランドのいちばん大元です。それがあるが故に『東急沿線は素晴らしくて住みたいですね』と言ってただけるのではないかという誇りをもっています」と話しています。

 目黒線で運行を開始した「東急グループ100周年トレイン」、4月13日(水)からは池上線、4月17日(日)からは田園都市線、4月20日(水)からは世田谷線、4月25日(月)からは東横線、4月27日(水)からは東急多摩川線、4月29日(金・祝)からは大井町線でそれぞれ運行を開始します。運行期間は2023年3月末日までの予定です。

【了】

【写真】「東急グループ100周年トレイン」の外観・車内をサッと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. どうせなら、東急の生き字引、8500系にその役を担ってもらえればよかったのに…
    と思ったけど、
    >運行期間は2023年3月末日までの予定です。
    だから、1月までだと足りなかったか...。