地下鉄に乗り入れなくなった関東大手私鉄車両 想定しながら乗り入れてない車両まで6選

東京メトロや都営地下鉄に乗り入れる大手私鉄では、自社で乗り入れ対応可能な車両を用意しています。しかし、いまでは地下鉄に乗り入れなくなった車両や、乗り入れを想定しながらも乗り入れたことがない車両が存在します。

乗り入れなくなった理由はさまざま

 2021年3月現在、相模鉄道を除く関東の大手私鉄は東京メトロや都営地下鉄に乗り入れており、それぞれの会社で地下鉄への直通運転に対応した車両を保有しています。

 しかし、いまでは地下鉄に乗り入れなくなった現役車両があるほか、そもそも乗り入れを想定して製造しながらも乗り入れることがなかった車両も存在します。その理由はさまざまです。ここでは主だった車両を挙げていきます。

後継車両の登場で乗り入れなくなった例

 地下鉄乗り入れ用として使用したものの、後継車両が登場したことで乗り入れを終え、いまでは自社線内で使用している例です。

小田急電鉄1000形電車

 小田急電鉄の1000形電車は、営団地下鉄(現・東京メトロ)千代田線乗り入れ用の9000形電車に代わる車両として1988(昭和63)年に登場した車両です。小田急初のステンレス車両で、VVVFインバータ制御方式を本格的に採用した車両でもあります。

 同年3月22日より小田急線内での営業運転を開始、1989(平成元)年3月27日より千代田線との乗り入れを開始。翌年の1990(平成2)年3月27日のダイヤ改正で9000形の地下鉄乗り入れが終了し、1000形のみが千代田線に乗り入れるようになりました。

Large 210301 noriire 01

拡大画像

多摩線を走行する小田急電鉄1000形電車(2020年、伊藤真悟撮影)。

 当初、千代田線に乗り入れる1000形は、小田急線内での分割・併合を考慮した6両+4両の編成でしたが、1992(平成4)年から1993(平成5)年にかけては10両固定編成も登場しています。ちなみに、1991(平成3)年には1000形のワイドドア車も登場していますが、こちらは千代田線乗り入れ用のATC(Automatic Train Control=自動列車制御装置)は搭載しなかったため、千代田線へは乗り入れていません。

 1000形に統一された千代田線乗り入れ車両でしたが、小田急電鉄では千代田線乗り入れ車両の10両固定化を行うため2007(平成19)年に4000形電車を導入。同年9月29日より千代田線への乗り入れを開始し、1000形の6両+4両の地下鉄乗り入れは終了。さらに4000形の増備により1000形の10両固定編成も2010(平成22)年に乗り入れを終了し、1000形は現在、小田急線内(一部は箱根登山鉄道)で使用されています。

 大手私鉄ではありませんが、JR東日本の車両にも同様な例があります。それが常磐線各駅停車用として投入した209系1000番台です。こちらも後継車両のE233系2000番台が登場したことで余剰となり、中央線快速電車用に転用されています。

【写真】懐かしい 千代田線乗り入れ初日の小田急1000形「スキップ準急」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 東急8000(想定してた?)、東武20000、京成旧3000~3300とAE100、京急旧1000、他にもあるな

  2. >1000系は9000系電車と似たスタイルながら7000系と同様に日比谷線車両にあわせて車体長18mの3ドア車となっているのが特徴です。

    日比谷線は開業当時18m車両オンリーだった東横線に合わせて18mにして、そのため20mが主流の東武はわざわざ18mの2000系を新造して乗り入れたんですよね。

  3. 東武の50000系(第2編成以降)は50050系と50070系と同じく、非常用扉があるが、地下鉄に乗り入れていない。同様に、TJライナーや川越特急で使われている50090系も非常用扉があるが、地下鉄に乗り入れていない(TJライナーはいつ地下鉄に乗り入れるのだろうか…)。