ウクライナ産の世界初「珍エンジン搭載の飛行機」どんなもの? 「ムリヤ」も開発のアントノフ社製

世界最大の飛行機An-225「ムリヤ」を手掛けるアントノフ設計局が製造した機体には、まだユニークな機体が存在します。「プロップ・ファン」エンジンを搭載し世界で初めて飛行した輸送機「An-70」です。

“いいとこ取り”のエンジン方式

 旧ソビエト連邦時代に設立され、現在ウクライナに本拠を構える航空機メーカー、アントノフ社。同社が開発した飛行機としては、2022年2月にロシア軍事侵攻で破壊された、重量ベースで世界最大の機体An-225「ムリヤ」があまりに有名です。――ただ、同社が手掛けたユニークな飛行機はそれだけではありません。そのひとつが、世界で初めて、珍しいエンジン方式「プロップ・ファン」を搭載し飛行した輸送機「An-70」です。

Large 01

拡大画像

An-70(画像:アントノフ社)。

 プロップ・ファン・エンジンは、現代のプロペラ旅客機で一般的な「ターボ・プロップ・エンジン」の発展型で、同軸でつながった二重のプロペラが、相互に逆方向にまわる「二重反転プロペラ」を備えたもの。燃料消費は少ないが速度は遅い「ターボ・プロップ」より速く飛びながらも、速度は速いが燃料を多く消費するジェット旅客機で一般的な「ターボ・ファン・エンジン」より燃料消費を抑えることができる、いわば“いいとこ取り”のエンジン形式です。

 An-70は1994年に初飛行した4発のプロップ・ファン・エンジン搭載機です。全長約41m、全幅約44mで、外観の特徴はなんといっても、2層構造となっていることで花びらのように見えるプロペラです。

 同機は、長さ600から800mの未舗装滑走路でも離着陸でき、低燃費・高速を実現し、あらゆる天候や気象条件で使用できるとのこと。肝心の巡航速度は700~750km/hです。たとえば、アントノフ社のターボ・プロップ機「An-12」は570km/hですから、100km/h以上の高速化が図られていることになります。

 このユニークな飛行機は、どういった経緯で開発されたのでしょうか。

【写真】すごい形… An-70の「花びらみたいなプロペラ」ドアップで

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. この不思議な音、似たような音なら扇風機でも聞けます。
    あんまり見かけませんがファンが4枚や5枚じゃなく細いのが10枚以上の花のように見えるやつです。
    ただ動画のように騒がしいのでおすすめはしません