新浦安のホテルに誕生「JALの部屋」に行く すべて本物の航空機廃材 見えたJALの本気

カワイイクッションまで「元JAL機」でした。

機内の一部がホテルの部屋にワープ?

 東京ディズニーランドの近隣に位置する東京ベイ東急ホテル(千葉県浦安市)の一室に、「ウイングルーム」と呼ばれる新たな部屋が誕生しました。JAL(日本航空)とのコラボレーションで実現したもので、本物の航空機部品などを活用して機内の空間を表現したコンセプトルームとのこと。実際にこの部屋を取材してきました。

Large 01

拡大画像

報道陣に公開された東京ベイ東急ホテル「ウイングルーム」(2022年4月27日、乗りものニュース編集部撮影)。

「ウイングルーム」となるのは10階の1室。客室は2方向を見渡せる大きな窓が備わるのが特徴で、風向きによっては、窓から羽田空港を発着する飛行機を見ることができます。

 部屋でもっとも目立つのは、JALのボーイング777-300国内線仕様機で実際に使用されていた機内内装(窓・窓枠パネル)と、同型機の普通席として「実際に8年間飛んでいた」3人がけの本物のシートが並ぶ姿。まるで「機内の一部がホテルの部屋にワープした」ような作りです。

 シートが設置されている客室の床は、JALのボーイング777-200国内線仕様機用の航空機用カーペットが敷かれています。これは、本来洗い替えのために用意されていたものの、同型機の退役で、使われることのないまま役目を終えたものを活かしたのだそうです。

 また、室内にはCAが飲食物を提供する際に用いるカート「ミールカート」の実物や、エンジンブレードなど航空機部品を使用したアイテムも設置されています。座席に備わるクッションは、国内線ファーストクラスのシートカバーの廃材を使ったものです。

【写真レポ】爆誕した「JALの部屋」細部に迫る!(17枚)

最新記事

コメント