中部空港内のホテルに「ANAの部屋」誕生 あまりにコアすぎる室内とは? 1泊1万7000円~

こんなん楽しすぎて寝不足不可避ですわ…!

中部国際空港セントレアホテル11Fに

 ANA(全日空)グループのANAあきんど名古屋支店は、名鉄グランドホテルが運営する中部国際空港セントレアホテルとコラボレーションした「ANA ROOM」の予約受付を、22日(金)から開始しました。

Large 01
「ANA ROOM」のイメージ(画像:名鉄グランドホテル)。

「ANA ROOM」は同ホテルのパシフィックサイド最上階11階にあり、滑走路を発着する航空機が見られる眺望が自慢の部屋といいます。

 室内は2社がコラボしたコンセプトルームとなっており、トヨタ紡織製の実物の航空機シートや、ボーイング777のタイヤホイールで製作したオリジナルテーブルを設置。機体から取り外した部品も展示されているほか、ANAのロゴマークや路線図の装飾などが施されています。またデスクには小型機セスナのコクピットを再現したフライトシミュレーターを設置しているとのことです。

 価格は朝食のみプランで1万7000円(1室2名利用時の1名料金)から。オプションとなる夕食付きプランでは「ANA機内カートで機内食風のオリジナル夕食メニュー(同ホテルの料理長考案)をルームサービスする」という演出もあるそうです。

【了】

【コア度マシマシ】写真で探訪!「ANA ROOM」とは(7枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント