日本仕様「GRカローラ」登場 豊田社長入魂の2シーターも初公開 “野性味”バッキバキ!

両車種の違いは!?

秋ごろから販売開始

Large 220127 melody 01

拡大画像

GRカローラ(北米仕様、プロトタイプ)(画像:トヨタ)。

 トヨタの関連会社TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は2022年6月1日(水)、新型車「GRカローラ RZ」と「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開しました。

「GRカローラ RZ」は、本年4月に公開した新型車「GRカローラ」の日本仕様のグレードです。一方の「GRカローラ モリゾウエディション」は、トヨタの豊田章男社長自ら試作車のハンドルを握り、「お客様を魅了する野性味」「気持ちが昂り、ずっと走らせていたくなる走りの味」を追求したグレードです。日本仕様「GRカローラ RZ」との主な違いは以下の通り。

・リヤシートを撤去し乗車定員を2名としたことで約30kgの軽量化を実現
・最大トルクを370Nmから400Nmへ向上させ中回転域のトルクを高めることで、加速性能を向上
・ボディ剛性のさらなる強化
・ディファレンシャルギアのローギアード化と、1~3速のクロスギアレシオ化により、動力性能の向上と、気持ちのよいギアのつながりを実現
・10mm拡幅したハイグリップタイヤを採用することにより、コーナリング時の安定性・ブレーキ性能を向上
・しっかりと体をホールドする専用セミバケットシートを採用

 そもそも「GR」シリーズは、「レースで勝つために鍛えたクルマを市販化する」というスポーツモデル。「お客様を虜にするカローラを取り戻したい!」という豊田社長の強い思いが込められています。レースでは水素エンジンを搭載し、カーボンニュートラルかつサステナブルなモータースポーツ業界の実現を目指しています。

「GRカローラ RZ」は本年秋ごろに、全国のトヨタ車両販売店を通じて発売されます。「GRカローラ モリゾウエディション」は冬ごろに、全国のGR Garageにおいて台数限定で発売予定です。予約抽選は秋ごろから受付を開始します。

【了】

【写真特集】「GRカローラ RZ」と「GRカローラ モリゾウエディション」を見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント