ハワイ旅行解禁!! 日本人観光客に人気「シェラトン・ワイキキ」のいま 実は日本人好みに大変貌

「アメリカ式トイレはやだ!」とった某プロ野球選手もニッコリでしょう。

2020年に客室を改修

 政府の水際対策が大きく緩和されたことで、2022年6月から多くの国への海外旅行が“本格解禁”されました。なかでも最も人気の高い海外旅行先といえばハワイです。航空会社や旅行会社もパッケージツアーをいち早く再開するなどしています。

 ハワイには多数のホテルがありますが、実はコロナ拡大直前に、より“日本人好み”にその内部を変貌させた有名ホテルがあります。マリオット・インターナショナルに属し、以前から高い日本人人気を誇っていたワイキキビーチの中心部の「シェラトン・ワイキキ」です。2022年のGWに同ホテル、ANA(全日空)協力のもと、その内部を取材してきました。

Large 01

拡大画像

シェラトン・ワイキキの外観(2022年5月、乗りものニュース編集部撮影)。

 シェラトン・ワイキキは、全1636の客室を備えるほか、ビーチに面したふたつのプールやレストランなどがあります。客室はたとえばダブルベッドを3台備えた広めの間取りが特徴の「ラージ・ラグジュアリー・オーシャン」、角部屋に位置し、リビングルームとプライベートバルコニーを備えた2つのベッドルーム(キングベッド1台、ダブルベッド2台)を備え、最大6人が滞在できる「オハナスイート」など、多数のレパートリーをもちます。

 そして実はこのホテル、コロナ禍により日本人の海外渡航が実質不可能となっていた2020年に、客室を全面リニューアルを完了しているのです。

【写真で見る】日本人好みすぎる!新「シェラトン・ワイキキ」を解剖

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント