「走るエクソシスト」まさかの完走! 手づくり”箱車”が集結「ボックスカートレース」会場はロンドンからいざ日本へ!

手作りのカートで、重力だけで坂を駆け下りゴールするレース「ボックスカートレース」がレッドブルの主催で行われます。7月3日にはロンドンでも開催されたこの大会、どんな魅力があるのでしょうか。

“フツーのデザイン”はNG

 サイズは長さ4m・幅1.5m・高さ2m以内、重さは80kgまで、坂を転がればそれでよし。ただし”フツーのデザイン”はNG――そんな「ボックスカート」によるレース大会が、2022年も行われます。

 レースは、スタート前にパフォーマンスを行ったあと、坂道を滑走。途中に設けられたバンプやシケインをクリアし、ゴールを目指します。優勝には、ゴールタイムだけでなく、パフォーマンスとマシン本体の芸術点を加えた総合得点が必要となります。

 日本では3年ぶり、今回は大阪府吹田市の万博記念公園で10月22日に開催されます。まだまだエントリー募集中とのこと。それに先立つ7月3日、イギリス・ロンドンのアレクサンドラ・パレス公園で開催された大会の様子を見てきました。

Large 220413 redbull 01

拡大画像

7月3日にロンドンで開催された「レッドブル ボックスカートレース」の様子(乗りものニュース編集部撮影)。

 ロンドン大会は今年7回目の開催。2011年からほぼ隔年で行われている本イベント、何度もチャレンジしている古参チームもあります。

 2019年の前回大会は『となりのトトロ』の「ネコバス」、映画007シリーズの「ボンドカー」なども登場し会場を湧かせましたが、今回も一段と多彩な”箱車”を見ることができました。

映画ネタでは『トップガン』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ハリー・ポッター』『オースティン・パワーズ』など有名どころが目白押し。『エクソシスト』のリーガンのベッドを模したカートはもはや見た目がクルマですらなく、観客は呆然。阿鼻叫喚のパフォーマンスは審査員から40点満点を叩きだしていました。『ジョーズ』ネタで挑んだチームは「今年で4回目。クラッシュでこのサメが観客席に飛び込んだら、大惨事になるだろうね!」と意気揚々でした。

 ほかにも「イングランド最古のラウンドアバウト」「タピオカドリンク」「レッドブリュー・ティーポット(レッドブルと”brew”(淹れる)を掛けただけ)」など、我が道を行くマニアックなネタも。そうしたなか工具メーカーのボッシュは、自前のチームでインパクトレンチを模したマシンを持ち込んでいました。

【大ジャンプ&クラッシュ!ネタ度&ガチ度満載のレースの様子】

最新記事

コメント