石北本線「キハ183系」が今年度引退へ 国鉄時代から活躍 元「おおぞら」キハ283系が運用復活!

石北本線特急の代替わり、悲喜こもごものニュースとなりました。

道内各地で活躍した古参

Large 220622 183 01
キハ183系を使用した特急「大雪」(画像:写真AC)。

 JR北海道は2022年7月13日(木)、特急形車両「キハ183系」について、2022年度をもって定期運行を終了すると発表しました。

 キハ183系気動車は、現在は石北本線(旭川~網走)の特急車両として活躍。札幌発着の「オホーツク」や旭川発着の「大雪」として運行されています。

 キハ183系は1979(昭和54)年にデビュー。最初は高運転台の国鉄型特急のデザインを踏襲し、角ばった先頭形状が特徴的でした。現在の形式は一般車両と同じ位置の運転台で、パノラミックウィンドウのデザインのものとなっています。帯広・釧路方面の「おおぞら」「とかち」や稚内方面の「サロベツ」など、道内各地で運用が行われてきました。

 キハ183系の引退後、石北本線の特急はキハ283系が充当されます。キハ283系は釧路方面への特急「おおぞら」として活躍していましたが、2022年3月に定期運行を終了していました。来年から新天地で再び走り出します。

 あわせて、同じキハ183系の観光用列車「ノースレインボーエクスプレス」も、2023年春に運行終了となります。こちらは1992(平成4)年にデビュー。団体列車をはじめ道内のリゾート列車として活躍し、青函トンネル経由で青森や秋田方面へ足を伸ばしたことも。今後「フラノラベンダーエクスプレス」など観光列車は、キハ261系5000番台「ラベンダー編成」がもっぱら受け持つことになります。

【了】

【いろいろな顔を持つ183系】

最新記事

コメント