愛称「ハヤブサ」に 陸自最新ヘリUH-2教育スタート アナログ操縦おさらば 災害救助が変わる?

次世代を担う陸上自衛隊の新型ヘリコプターUH-2の教育訓練が始まります。それに先立ち行われた訓練開始式を取材してきました。

三重県明野にある陸上自衛隊航空科の総本山

 陸上自衛隊の次世代を担う新型ヘリコプター「UH-2」の訓練開始式が2022年7月13日(水)、三重県にある明野駐屯地で執り行われました。

 ここには陸上自衛隊における航空科職種の総本山といえる「陸上自衛隊航空学校」があり、パイロットや整備員を養成するだけでなく、装備する航空機の扱い方や新たな航空機の試験・研究などを行っています。

 そのため、UH-2の試作機(45151号機)についても先行して配備されており、このたび陸上自衛隊に引き渡されたUH-2量産初号機(45152号機)についても、明野駐屯地・航空学校が最初の配備先となった模様です。

Large 220713 uh 2 01

拡大画像

三重県にある陸上自衛隊航空学校に配備されたUH-2の量産初号機(武若雅哉撮影)。

 機体は、すでに先月30日、栃木県宇都宮市にあるSUBARU航空宇宙カンパニー宇都宮製作所において同社から陸上自衛隊に対して引き渡しされており、7月6日に明野駐屯地へ到着しています。

 UH-2は一見すると、既存のUH-1J多用途ヘリコプターとよく似ていますが、エンジンがUH-1Jの1基から2基になったことで排気管が2本に増えているほか、機体上部のメインローター(回転翼)もUH-1Jでは2枚だったのが、4枚へと増加しているのが特徴です。

 また最も大きな変化は、一部の操縦が自動化された点にあります。

【一新された操縦席周り】UH-2の外観ディテール&コックピットの様子

最新記事

コメント