新型「クラウン」で世界へ挑戦 第一弾“クロスオーバー” マイナーチェンジ飛ばして変革!

16代目!

「世界に挑戦します!」

 トヨタは2022年7月15日(金)、新型「クラウン」を世界初公開しました。今回で16代目、モデルチェンジは4年ぶりです。

Large 220715 crown 01

拡大画像

新型クラウン“クロスオーバー”(画像:トヨタ)。

 この日トヨタは、豊田章男社長自らが説明する新型クラウンのワールドプレミアをオンラインで配信。4種類の車型が発表されたうち、まず「クロスオーバー」が2022年秋に発売されます。

 開発担当の中嶋裕樹さんによると、セダンとSUVを融合させた、「セダンを超えるセダン」だそう。当初は15代目のマイナーチェンジを考えていたところ、豊田社長から「マイナーチェンジは飛ばしていい」との言葉をもらい、新型の開発を始めたといいます。

 そのなかで最初に開発されたのが、今回の「クロスオーバー」です。SUVのような大径タイヤを採用し、セダンでもSUVでもない、“踏ん張り感のある”スタイルを作り上げたそうです。

 このスタイリングは内装にも影響しており、従来のセダンより高い、乗り降りがしやすく、視界の良い着座位置が実現しているといいます。

 パワートレインは2.5Lエンジンを搭載したシリーズパラレルハイブリッドと、2.4Lエンジンに電気モーター2つを組み合わせた新たなデュアルブーストハイブリッドを用意しています。

 価格は435万円から。デュアルブーストハイブリッドの上位モデルは640万円です。

 トヨタは今回、この「クロスオーバー」のほかに、「セダン」「スポーツ」「エステート」も用意。クラウンを「トヨタブランドのフラッグシップ」と位置づけ、40の国と地域で展開し、シリーズ合計で年間20万台規模の販売を予定しているそうです。

【了】

【他にも3種類!】新型クラウンの全貌 画像でたっぷり

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 気にならない人は平気なのでしょうが、フロントドアのすぐ前にタイヤハウスがある大きな車は生理的に受け付けません。フロントオーバーハングが長い車はいろいろと違和感を感じます。FRセダンに長く乗っているひとにはわかると思います。感覚的なものなので、どんなに技術的に進歩していたとしても 気になってる時点で妥協というストレスが永遠につきまとうことになります。