トヨタ「クラウン」セダン消滅でパトカーどうなる 現状はほぼ一強 考えられる代替は

一部報道でトヨタの伝統的車種「クラウン」のセダンが消えるといわれています。自家用のセダン需要は低迷しているものの、「クラウン」が圧倒的なシェアを占めるのがパトカー。専用グレードまで存在する警察需要はどうなるのでしょう。

セダン需要が圧倒的に多い警察界隈

 2020年11月11日(水)、自動車業界に衝撃のニュースが流れました。トヨタ「クラウン」が4ドアセダンを止め、SUVスタイルの新モデルとして生まれ変わるというものです。

 確かに、いまや自家用車としてセダンが不振なのは周知の事実です。2020年だけを見てみても、スバルの「レガシィB4」や日産の「ティアナ」などが国内販売を終了しています。とはいえ、一般的にはSUVやミニバン、軽自動車などが隆盛しつつも、ある業界だけは圧倒的にセダンばかりに需要が偏っているところがあります。それが警察のパトカー需要です。

Large 201116 patocar 01

拡大画像

警視庁の170系「クラウン」パトカー(柘植優介撮影)。

 パトカーの調達方法は、大別すると国費で調達したものと各都道府県(地方自治体)が独自に調達したもの、そして寄贈の3つに分けられます。そのうち寄贈は特殊なケースで台数もごく少数に限られるため、基本的には国費調達、もしくは自治体調達になります。

 国費調達というのは文字どおり国費、すなわち国税によって調達されるもので、国の行政機関である警察庁が一括大量購入し、全国の都道県警察に必要台数に応じて少しずつ振り分けるものです。

 対して自治体調達というのは、都道府県が必要と認めたときに独自に調達するものです。各自治体がバラバラに調達するため、個々の調達数は少ないものの、日産「スカイラインGT-R」やマツダ「RX-8」のように独自車種が入るのが特徴です。

 両方の調達とも、基本的には一定の仕様書に沿った競争入札を実施し、最も価格の安かったメーカーの車種に決まるのが一般的ですが、その場合、国費調達は前述したように一括大量調達のため、パトカー1台当たりの値段は自治体調達と比べて大幅に安くなる傾向にあります。

【写真】「クラウン」もう一つの後継問題 オープンカー仕様のVIP用

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

8件のコメント

  1. メルセデスCクラスに一票!
    FRだしサイズも適当。

    昔、SPお下がりとか噂のEクラス覆面が中央道で暗躍してた。

  2. 市販車の量産が終わったとしてもこの手のやつは需要がある限り作り続けるのでは?セドリックやコンフォートのタクシー仕様だってそれぞれバネットタクシー、ジャパンタクシー始めるまで作り続けていた訳だし。

  3. インプレッサG4やWRX S4の室内がクラウンと比べて特に狭いという事はないよ。
    ただし緊急車両という性格上インプレッサでは動力性能が、WRXは外観や車両の性格がパトカー向きか?と言われると疑問。
    ほぼ国内専売車だったクラウンがトヨタブランド最高級車にも関わらず車幅や最小回転半径を国内の道路事情に合わせて拡大に抑制的だったのはそのとおり。
    税金を使うのなら他に変え難い理由というので無ければ安易にメルセデス・ベンツCクラスなどよりはレクサスISもありか?と思わせる。
    アメリカのようにSUVのパトカーという考えもあるだろうが、サッとUターンして追跡というシチュエーションも考えるとアメリカとは道路事情が違い簡単に代替が利くとも思えない。

    • 自分で書いておいて何だが、アウトランダーやフォレスター辺りならば最小回転半径、車幅、価格、でクラウンの代替になりそうな気がしてきた。
      (さすがにライズ/ロッキーやXBEEクラスは如何なものか?と思うので…)
      セダン型でない点を採用側がどう考えるか?や、パトカー専用グレードを用意しないと登録が煩雑なデメリットもありますけど。

  4. FRならスカイラインがあると思います。

  5. 外車はないと思いますよ。公費を国内循環させないと、国内産業からお叱りが来るから予算も通らないはずです。
    とは言え、セダンの生産を打ち切る各メーカー、海外セダンを買い漁る国民を戒める意味では海外製のホットハッチ、SUVを採用しても良いかも。まあ、頭悪いから皮肉もつうじないのが現代日本人ですねw

  6. パトカーがどうなるかという答えは「警察庁が4ドアセダンに拘るか?」が答えですよね。
    何せ無線警ら車や交通取締用四輪車の仕様書の1番初めに「車体は4ドアセダン型であること」とあるくらいですから。
    警察庁が仕様書を変えてしまえば、落札した側はそれに合った車種をパトカーに仕立てて納車するのが仕事です。

    今も変わっていなければ無線警ら車は2500㏄級、4ドアセダン、駆動輪の指定無し、交通取締用四輪車は3000㏄級、4ドアセダン、後輪駆動指定になるので、
    あくまでもトヨタが作るパトカーがクラウンベースなのは「仕様書に合わせるのに一番近い車種」というだけの事です。
    (クラウンのサイズを基準にして警察庁が仕様書を作っていると言えなくもないですが・・・)

    クラウンパトロールカーに関して言えば先代モデルである210系が現行車種なので、トヨタが生産を止めない限りは納入は可能ですね。
    市販のクラウン次期モデルがどうなろうと関係がない話です。
    その先もパトカーがセダンであるならば、サイズ的にもカムリ一択になることでしょう。

  7. これに対する究極の回答が、純粋な警察専用車のカーボンモーターズ・E7だったんでしょうね
    もっとも市販車ベースでの低コスト調達が出来ないという、公的機関にとっては致命的な欠点のせいで企業ごと消えましたが