「『帰ってきた!』と操縦席で…」 JAL「もうひとつのハワイ線」28か月ぶりの復活の裏側とは 乗員に聞く

JALが成田~ハワイ島・コナ線の運航を、約2年4か月ぶりに再開。オアフ島・ホノルル線以外に就航する“もうひとつのハワイ線”である同路線、復活初便の裏側とは、どのようなものだったのでしょうか。乗員に聞きました。

できるだけ揺らさないように…

 JAL(日本航空)が2022年8月から、成田~ハワイ島・コナ線の運航を、約2年4か月ぶりに再開させました。同社にとってコナ線は、オアフ島・ホノルル線以外に就航する“もうひとつのハワイ線”です。この復活初便を担当したパイロット・CA(客室乗務員)は、どのような心境でこのフライトを迎えたのでしょうか。その裏側を聞くことができました。

Large 01

拡大画像

復活した成田~コナ線の様子など(2022年8月、乗りものニュース編集部撮影)。

「ホノルル線は2021年末ごろから乗務していましたが、コナ線が運航されていないのが寂しく感じていました。コナ線の乗務が決まったとき『やっと普通に近づいたな』と嬉しく感じたのを覚えています」――同便を担当した船木機長は次のように話します。

「成田のゲートから登場するときに、以前とくらべて小さなお子様が多いなといった印象を受け、コナ線にかけるお客様の期待を感じました。そのため、できるだけ機体を揺らさないようにしました。(今回のフライトでは)ずいぶん雲を避けました」(船木機長)

 ともに操縦かんを握った青山機長は、「オアフ島の上空から(ハワイ島にある)マウナ・ロアとマウナ・ケアが見えたとき、船木さんと『やっとハワイ島に帰ってきたね!と話しました」と、同便運航時の様子を振り返ります。

 その一方で、青山機長は「コロナ禍前であれば、コナ便が飛行するルートは競合便が多く、飛びたい高度を選べなかったり、悪天回避が難しかったりすることがありました」とし、「今日は高度などをある程度選ぶことができました。コナ線復活はうれしいのですが、まだ完全に(航空需要は)復活していないのだな、と寂しさも感じました」とも話します。

【写真特集】あまりに開放的なコナ空港&コナ線初便の様子など(36枚)

最新記事

コメント