なぜ住宅街に? 羽田近郊の知られざる「航空の安全を願う」施設とは 始まりは"御巣鷹"より遥か前

羽田空港がある東京都大田区には、過去の経験から“空の安全を確保する”という強靭な意志を示す施設があります。ただ、その一方で、実は航空会社関係の施設ではないものもあります。その背景には、どのようなことがあったのでしょうか。

日航&全日空ともに“残骸保存”で安全を誓う

 東京・羽田空港の近辺には訓練センターや格納庫などが多くあり、なかには、過去の凄絶な経験から“空の安全を確保する”という強靭な意志を示す教育・啓発施設があります。一方、空港のある大田区内には、航空会社関係の施設ではないところにも、航空事故の犠牲者を弔う施設がひっそりと建っています。それぞれ、施設が建つ理由となった出来事があるはずですので、それは何なのでしょうか。

Large 01
離陸する旅客機のイメージ(乗りものニュース編集部撮影)。

 まず、航空会社関係の安全啓発施設の現状から見ていきます。おもに羽田空港周辺で取り上げられるものはふたつ。ANA(全日空)グループの訓練施設内(大田区羽田旭町)にある安全教育センター、そして羽田空港の敷地内にあるJAL(日本航空)の安全啓発センターです。各々の施設には、事故機の破片が展示されています。

 ANAの施設に、のちにつながっていくことになった事故は、1966年2月4日に起きた、全日空のボーイング727-100(JA8302)の東京湾への墜落事故です。日本にもジェット化の波が訪れた時代。乗客乗員133人が亡くなり、この犠牲者数は当時、1機として世界航空史上で最大と言われました。

 他方、JALの施設は1985年8月12日に起きた「御巣鷹事故」を教訓としたものです。日本航空運航機であった「ジャンボジェット」ことボーイング747SR(JA8119)が、群馬県上野村の御巣鷹の尾根へ墜落し、520人が亡くなりました。現在にいたるまで1機あたりの事故としては最も多くの犠牲者を出し、「世界最大の航空機事故」ともいわれています、

 これらの施設では、犠牲になった方々や遺族の悲しみが間近に迫るような事故機の一部や部品などが展示されています。事故の恐ろしさが否応なく伝わるとともに、それをセンターに展示し後世に言い伝えることにより安全確保への決意と実践を示す、航空会社の意志が伝わってきます。

【写真】ほんとひっそり… 第3の「航空事故慰霊施設」を見る

最新記事

コメント