鼻先シャキーン!! 三沢に飛来の珍改造「ボーイング727」なぜ誕生 トンガリは戦闘機譲り

日本では、かつては国内で飛び廻っていましたが、今ではほとんど見ることがなくなってしまった「ボーイング727」。世界にはこの機をベースに「鼻をとがらせる」改造を施し、運用を続ける機があります。どういったものなのでしょうか。

旅客機としての役割はすでに終了済み

 2022年6月はじめ、青森・三沢基地で珍しい飛行機が飛来したと一部航空ファンのあいだで話題になりました。当該機のレジナンバー(登録番号、自動車のナンバーに相当)は「N289MT」。アメリカに籍を置く飛行機です。

 この機はジェット旅客機の「ボーイング727」を母機とした改造機です。727は1963年に初飛行。3発のエンジンを胴体後部に集中させたレイアウトが特徴で、かつては多くの航空会社で運航されていたヒット機です。JAL(日本航空)やANA(全日空)でも主力機のひとつでした。

Large 01
ボーイング727をベースに改修した試験機「N289MT」(画像:Raytheon Intelligence & Space)。

 727は1980年代に製造を終了。デビューから60年近く経たいま、同型機が飛ぶ姿を見ることは日本では至難です。なお、2019年1月にCNNが報じたところによると、イラン・アセマン航空の国内線フライトを最後に、旅客機としての使命は終えたとされており、いまは貨物機やプライベート機などが存在するのみといえるでしょう。

 日本の航空ファンによっては、「飛行可能な727を見られる」というだけでも大感激モノですが、この「N289MT」は、そのなかでもとくにユニークな形状をしている機体です。まるで「ピノキオの鼻」のように、機首部分が尖っているのです。

 このユニークな鼻先の改造は、同機の用途が関係しています。

【写真】とんがりまくっとる!!「N289MT」試験機の全貌

最新記事

コメント