なんか余計な翼ついてるぞ? 魔改造ボーイング757試験機の役割とは 機齢40年まだ飛ぶ

日本ではレアな旅客機として知られるボーイング社の単通路旅客機「757」。このなかには非常に珍しい改造を施され、珍しい任務に就く機体が存在します。どのような機体なのでしょうか。

1983年に5機目の757として…

 2005(平成17)年に生産終了となったアメリカ・ボーイング社の単通路旅客機「757」。製造機数は1000機を超え、海外では好調な売上を記録した一方で、日本の航空会社での採用はなく、我が国では飛来することが珍しい「レアな旅客機」に分類されます。

 こういった「日本ではレア機」757には、なかでもとりわけレアな用途に使用されている機体があります。機齢38年の757-200、機番「N757HW」です。

Large 001
ハネウェル・エアロスペースの「N757HW」(画像:Honeywell Aerospace)。

 同機は1983(昭和58)年、かつてアメリカにあった大手航空会社、イースタン航空でデビューしました。この機は757の製造5機目、最古参の機体のひとつです。その後いくつかの民間航空会社を経て、2005(平成17)年に航空関連などの先端技術を手掛けるアメリカのハネウェル・エアロスペース社に転籍し、現在の機番が与えられました。

 そしてこの機は、ハネウェル社に転籍後大きな改修を受け、特徴的な外観をもつようになりました。胴体右側の前方に、主翼が中途半端な位置で切断されたような、なんとも不思議な形状の突起物が設置されたのです。

【何じゃキミは!?】「N757HW」の左右全貌

最新記事

コメント