歩道走れる4輪「スクーター」登場 最高速度6km/h シニアカーとも違う選択肢

電動車いすでもシニアカーでもないんです。

カーディーラーなどと提案

 電動車いすなどのモビリティを手掛けるWHILLが2022年9月13日より、“歩道を走れるスクーター”をうたった新モデル「WHILL Model S」を発表、先行受注を開始しました。

Large 220913 scooter 01

拡大画像

WHILL Model S(画像:WHILL)。

 電動アシスト自転車よりも安定した走行性能と、シニアカーよりも日常に馴染みやすいシンプルなデザイン性を併せ持つ4輪のスクーター型モデルだといいます。WHILLは免許返納後の脚として提案しています。

 航続距離は33kmで、最高速度は前進6km/h、後進2km/h。保険やロードサービス、メディカルアシストがセットになったサポートサービス「WHILL Smart Care」と、本人や家族がスマートフォンのアプリ上で機体の居場所や状態、お出かけ記録などを共有できる「WHILL Family App」を合わせた「WHILL Premium Care」も用意するということです。

 価格は21万8,000円~(非課税、送料調整費別)。先行受注は自社サイトのほか、WHILLを取り扱う全国の自動車ディーラー、「サイクルベースあさひ」他で受け付けるといいます。

 WHILLの杉江 理CEOは、「シニア向けの移動手段の選択肢が少なかった中で、新たな定番になることと信じています」などとしています。

【了】

【意外とクルマっぽい?】歩道走れるスクーター 画像で見る

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 自転車ディーラーでは?