「長距離輸送」もEVでいける! メルセデス・ベンツのハイパワー大型EVトラック発表 日本導入の可能性も【IAA2022】

4年ぶりとなるIAA国際商用車ショー2022が開幕。グローバルでのEVモビリティ化が加速する中、トラックやバスなどの商用車は、この4 年間でどのような進化を遂げているのでしょうか。そのパワーと航続距離は確実にアップしてきています。

車種名の「長距離輸送」はダテじゃない! メルセデス・ベンツの新・大型電気トラック

 2年に一度開催される世界最大の国際商用車ショーが、名称を新たに「IAA Transportation 2022」としてドイツ・ハノーファーで9月19日に開幕しました。前回は新型コロナの世界的感染拡大の影響で中止となったために4年ぶりの開催となります。

Large 220920 benz 01

拡大画像

メルセデス・ベンツ「eActros LongHaul」。IAA2022にて(乗りものニュース編集部撮影)。

 今回は、三菱ふそうが属するダイムラー・トラックグループがEV(電気自動車)を中心としたラインアップを発表。中でも注目されている車種のひとつが、「eActros LongHaul」(イー・アクトロス・ロングホール)です。すでに欧州で発表されているメルセデス・ベンツの大型EVトラック「eActros」に、さらなるロングドライブを可能としたモデルが追加となり、世界初公開されました。

 eActros LongHaulは、2021年に発売された既存モデルのeActros 300とeActros 400の容量を超える600kWh(連続出力400kw、最高出力600kw)の大型バッテリーを備えます。リン酸鉄リチウム電池(LFP)を使ったこのバッテリーは、長寿命でより多くのパワーを引き出せるほか、充電に関しても新たに開発中の「メガワット充電」を使用することで、従来の30分で20%の充電量から80%まで達成できるとのこと。航続距離も一回のフル充電で約500kmもの走行が可能となります。

 耐久性に関しては10年で約120万キロという、長距離輸送の持続性や信頼性、そしてランニングコストの総合面で、競合を大きくリードするプロダクトとして期待が寄せられているとか。その名の通り、Long(長距離)Haul(輸送)を可能としたモデルというわけです。

【巨大!】写真で見る「eActros LongHaul」(これマジでEVになるのかー…)

最新記事

コメント