ホンダ新型「アコード」明らかに! 11代目の中型セダンはGoogle搭載も 北米から世界展開

セダン派の皆様まっててね♪

日本にも展開予告 新型アコード

 アメリカン・ホンダモーターは2022年11月10日(現地時間)、新型「アコード」を発表しました。

Large 221111 accord 01

拡大画像

新型アコード(画像:ホンダ)。

 アコードは今回の新型で11代目となるミッドサイズセダン。全長は約70mm伸長され、長くすっきりしたボディラインになりつつ、リアのトレッドも約10mm広くしたことで、幅広な安定感のあるスタイリングに仕立てたといいます。

 ハイブリッド車には、ホンダ史上最大の12.3インチのタッチスクリーンを設け、最上位モデルには最新のアプリやサービスを搭載した「Google built-in(グーグル ビルトイン)」をホンダとして初搭載。OSやアプリなどの更新も可能だそうです。

 パワートレインは新型2.0L直噴エンジンを採用した2モーターハイブリッドと、1.5L直列4気筒DOHC直噴ターボエンジンの2種。

 先進安全運転システムのホンダセンシングも新たに視野角90度のカメラと視野角120度の広角レーダーを採用したことで認識機能を向上させているといいます。

 新型アコードは北米で2023年の初めに発売され、その後、日本を含めたグローバルで販売が予定されているといいます。

【了】

【これぞ大人のセダン!!!】新型アコードを見る(写真)

最新記事

コメント