「脱セダン」の新型クラウン 4タイプになったワケ でも「セダン忘れちゃいけないよ」

SUVっぽいセダン、セダン、SUV、SUV。

4種類出てきました!

 トヨタは2022年7月15日(金)、新型「クラウン」を世界初公開しました。今回で16代目、モデルチェンジは4年ぶりです。

Large 220715 crown2 01

拡大画像

新型クラウン4タイプ。手前からクロスオーバー、スポーツ、セダン、エステート(画像:トヨタ)。

 この日トヨタは、豊田章男社長自らが説明する新型クラウンのワールドプレミアをオンラインで配信し、4種類の車型を発表しました。そのうち、2022年秋に「クロスオーバー」が発売されますが、他の3車種はどのようなクルマでしょうか。

 まず「クロスオーバー」は、SUVとセダンを融合した新しい“セダン”だそう。開発担当の中嶋裕樹さんが当初、セダンモデルの15代目をマイナーチェンジしようと思っていたところ、豊田社長がこれを否定。結果として、SUVの要素をもった「セダンを超えるセダン」になったといいます。

 クロスオーバーのサイズは、全長4930mm、全幅1840mm、全高1540mmです。全幅1800mm以内という伝統を破り、やや幅広に。また全高はセダンより高めになったといえます。

 そのクロスオーバーが出来上がったころ、「セダンも考えてみないか」と豊田社長が提案してできたのが、より車高の低い「セダン」。豊田社長は、ショーファー(要人などのお抱え運転手)ニーズにも十分お応えできるモデル」と胸を張ります。

 これを受け、さらに中嶋さんたちは、多様性の時代を考慮した2つのモデルを追加提案。それが「スポーツ」と「エステート」です。

「スポーツ」は走りを重視したというSUV。「エステート」は、ワゴンとSUVの融合だといいます。後席がフルフラットデッキにもなるなど、機能性重視のSUVだということです。

 豊田社長は発表で、クラウンへの並々ならぬ思いを語りました。「クラウンには日本の底力が詰まっている。このクルマでもう一度世界に挑戦する」と宣言。新型クラウンを40の国と地域で展開、シリーズで年間20万台規模で販売していくことを明かしました。

【了】

【画像】新型クラウン4タイプ 写真で見る

最新記事

コメント