自賠責の運用益6000億円を借入「申し訳ないと思う」鈴木財務相 来年度から「賦課金」さらに国民負担へ

自賠責保険の運用益5952億円が、一般財源に繰り入れられていることについて、鈴木俊一財務相が謝罪しました。国交省から借りた財務省の“借金”問題、今後の返済ついて、「誠意をもってお返ししていくことが大切」と話しました。

今年度の第3次補正予算で12.5億円の追加返済

 鈴木俊一財務相は2022年11月11日の閣議後会見で、自動車安全特別会計から一般財源に借り入れ(繰り入れ)た自賠責保険(自動車損害賠償保険)の保険料運用益5952億円(2022年度末当初予算見込み)の返済について、次のように話しました。

Large 221114 jibai 01

拡大画像

第3次補正予算でも「12.5億円の積み増しをしてお戻しする予定」と話す鈴木俊一財務相(中島みなみ撮影)。

「一般会計から自動車安全特別会計への繰り戻しは、今の財政事情を考えると1回でお返しするのは無理な状況。これは申し訳ないと思っているが、そういう中で着実に確実に繰り戻し、誠意をもってお返ししていくことが大切だと思っている」

 自動車ユーザーは自賠責保険への加入が義務付けられています。この保険運用益を使って、事故の加害者が支払う保険金とは別に、交通事故被害者救済対策のための費用が特別に確保されています。これが自動車安全特別会計と呼ばれる財源です。

 財務省は税収が不足した1994(平成6)年と1995年の2年間に、1兆1200億円をこの特別会計から借り入れ、今もその返済を続けています。返済は一時滞っていましたが、2018年から再開されました。ただ、再開後も借入額に対して返済額は少なく、10年後には自動車安全特会の財源が底をついてしまう可能性がありました。

 そこで国土交通省は賦課金制度を新設し、自動車ユーザーの保険料に上乗せして確保することが、2022年の法律改正で成立しています。

 鈴木財務相は返済について、こう話します。

「昨年12月の国土交通省(国交大臣)との大臣間合意で、2022年度当初予算で一般会計から自動車安全特別会計へ54億円、前年度比プラス7億円の繰り戻しを行うとともに、さらに加えて、今般の補正予算でも12.5億円の積み増しをしてお戻しする。そういう予定にしている」

【返して】自賠責の使い道 画像で見る(枯渇危機)

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 泥棒に追い銭。返済計画もなく、利息もつかないから税金が取れたらそのうち払いますくらいのもんだろ。返す気ないやん。世間の普通の人はこんな見込みのない連中に金貸そうという奴はいない。

  2. 申し訳なく思いますって
    役人凄いね
    私 末端な人ですが 私がやらかしたら 犯罪者になるのです
    日本国 大丈夫ですか?

  3. 役人ってのはすごいね。
    自分らの落ち度は申し訳ないの一言で後は増税しまーすだもんな。
    減給して返済します、とかの発想は皆無なんだろうか??
    国の金の管理は一体どうなってんの??

  4. 単なる借金の踏み倒しを国がしたって話。

    もう、法治国家とは言えないレベルなんだけどね。
    鈴木大臣…今回のは選出県民として恥ずかしい。情けない。
    所詮、大臣なんて官僚の原稿を読むだけの操り人形なんだね、恥を知れ❗

  5. 申し訳ないと思うなら、まず自分たちの給料へらすとかボーナスなしにするとかやれよ。なんで悪くない国民が負担するのかね。

  6. こんなもの、国債発行すれば一瞬で返せるやん。国債は借金じゃありません。お金の発行そのもの。

  7. こんな暴挙を許しては、自賠責に入らない人を増やしたりする。
    その結果事故増加→支払激増→更な財務悪化と、負のスパイラルへの道しか残って無い。