新型プリウスは“スーパーカー”? 「めっちゃ速い!」 これは庶民のクルマなのか

新型プリウスが世界初公開されました。車高をさらに下げたその姿はスポーツ感を増し、高い加速性能を誇ります。庶民の車プリウスはどう変わったのでしょうか。

新型プリウスの加速性能にネット驚愕

「カッコいい!」
「これは売れる!」
 
 新型プリウスが2022年11月16日(水)に発表されると、ネット上ではそのデザインを評価する声が多く上がりました。

Large 221116 prius 01

拡大画像

新型プリウス。前から見ると、かなり車高が低い印象(乗りものニュース編集部撮影)。

 車体をワイドにしつつ、全高をさらに40mmも下げたその姿は、もはやスポーツカーの趣き。頂点から前部にかけて浅く傾斜したスタイリングは「もうスーパーカーじゃん!」との声もあり、前面から見ると、確かにそれもうなずけます。メイン展示車のひとつの「マスタード」カラーも、スポーツ感を鮮烈に印象付けました。

 動力性能も特筆モノで、PHEV(プラグインハイブリッド)モデルは0~100km/h加速で6.7秒をマークする点に、「めっちゃ速い」「燃費がいいだけじゃない」といった驚きの声が寄せられています。それでいて、日常走行はほとんどEV走行で賄えるとのこと。

 内装は、運転席とセンターの2か所に大型ディスプレイを搭載。フルデジタル化したコックピットは、バッテリーEVの「bZ4Xのようだ」との声も寄せられるほど、先進的な印象を与えるものでした。

 それでもやっぱり、「プリウス」でした。

 車高が低く、タイヤが19インチに大径化したことで、サイドビューはシャープな印象になりましたが、リアの腰高なフォルムは歴代のプリウスに共通。実際に見ると「確かにプリウスだ」と感じるかもしれません。

 今後変更の可能性はあるものの、外装の窓回りやピラーは、質感の高いピアノブラックではなく一般的な樹脂パーツであるほか、ブルーの展示車はファブリックのシートで、庶民的な印象を受けました。デザインは先進的でも、抑えるところは抑えているようです。

【新型プリウス実車を写真で見る】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 例のシフトポジションの錯覚を起こす殺人シフトノブは改良されたのか?

  2. エコカーでシニアカーが何でスーパーカーなんだ。
    エコカー減税は返上するんだね。