大阪万博でJR「うめきた新駅経由 桜島行き」運転へ 弁天町駅は「同一平面乗り換え」実現

臨時列車は新たな「うめきた地下駅」を経由します。

2025年に夢洲で万博開催

Large s
大阪環状線とJRゆめ咲線で走る323系電車(画像:写真AC)。

 JR西日本と大阪メトロは2022年11月18日(金)、3年後に夢洲で開催予定の「大阪・関西万博」に向けた駅整備や運転計画を発表しました。

 夢洲の会場アクセスは、現在、大阪メトロがコスモスクエア駅から新線を整備中。いっぽうJR西日本は直行アクセスの手段を持たないため、乗り換えやシャトルバスの拠点としての機能強化を行うこととなります。

 具体的な施策は次のとおり。
●「新大阪~うめきた(大阪)~西九条~桜島」という臨時列車を運行。あわせてゆめ咲線も1時間あたり最大12本に増発。桜島駅は利用客増加にそなえて改良工事を実施。西九条駅もホーム柵整備。

●桜島駅からは、西日本ジェイアールバスと連携してシャトルバスを運行。

●大阪メトロとの乗り換え駅となる弁天町駅に、新駅舎と新改札口を整備。離れていた北改札と南改札の中間に設置予定。万博終了後はこの新改札口へ機能集約。また、大阪メトロと段差なしで乗り換えできる連絡通路を新設し、環状線内回りに改札「内回りホーム口」を新設。

 弁天町駅の新駅舎建設は今年中に着手され、2025年春に完成予定です。

【了】

【弁天町駅の新駅舎&新連絡通路のイメージ】

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 西九条駅では無いのでは?
    完成図も構内図も弁天町ですね。

    • ご指摘ありがとうございます。修正しました。

  2. 西九条駅の新駅舎じゃなくて、弁天町駅ですよね?

    • ご指摘ありがとうございます。修正しました。