新潟駅 万代口~南口いよいよ「地上直結」 駅直下バスターミナルの歩行者通路が「先行開通」へ

万代広場と南口広場がいよいよ地上直結されます!

駅の南北の行き来がスムーズに

Large s

拡大画像

完全高架化とともにリニューアルされたJR新潟駅(画像:写真AC)。

 新潟市は2022年12月28日(水)、リニューアルを進めている新潟駅について、駅直下に整備中の新バスターミナルを、歩道部のみ先行供用開始すると発表しました。開通予定は年明け3月25日です。

 新潟駅の万代口と南口とは2階駅舎を経由する必要があり、互いに行き来が不便でした。バスターミナルも両側にのりばが分かれていて、大きく離れていました。これを解消するため、駅の完全高架化にともなう再開発で、駅直下に南北統合の新バスターミナルが開業することとなっています。鉄道駅の完全高架化自体はことし6月に完了を迎えており、現在は周辺整備が進められています。

 今回はまず、歩行者が通行できるようになります。これにより地上で万代広場と南口広場が直結され、街の“分断状態”の緩和に期待がかかります。

 バスターミナルの工事は今後、バス車両が通行する車道部へと移っていきます。最終的にバスターミナルが営業開始するのは、2023年度予定となっています。

【了】

【新潟駅「地上南北通路」ルートと「新バスターミナル」計画図】

最新記事

コメント