キヤノンの初心者向け新ミラーレス「EOS R8」&被写体検出「EOS R50」登場 撮影うまくなるかも?

上位機種「EOS R6 MarkII」ゆずりの高性能カメラ!

EOS R50とEOS R8が登場

 キヤノンは2023年2月8日(水)、ミラーレスカメラから「EOS R50」(APS-Cサイズ)と「EOS R8」(フルサイズ)を、ズームレンズから「RF-S55-210mm F5-7.1 IS STM」と「RF24-50mm F4.5-6.3 IS STM」を発表しました。

Large 2302 canon 016

拡大画像

APS-Cサイズミラーレスカメラ「EOS R50」(画像:キヤノン)。

 新たにラインナップされた「EOS R50」は、従来のエントリー向け一眼レフカメラ「EOS Kissシリーズ」のコンセプトを継承しており、「カメラ=難しい」という先入観を払拭できるよう開発されました。

 先に登場した「EOS R10」よりも操作は簡単。スマホネイティブユーザーやストリーマー(動画配信者)、エントリー機の買い替え需要をターゲットとしていることから、操作スイッチ類も「EOS R10」などより点数を減らし、カメラ初心者でも迷わず使えるスマホライクな操作性だそうです。

 スマホなどと比較して圧倒的に高画質、高感度の撮影が可能な「EOS R50」ですが、なかでも初心者の強い味方が「シーンインテリジェントオート」機能です。いわば全部おまかせで、スマホのようにシャッターを押すだけで、色鮮やかな写真撮影が可能。撮影画像のスマホなどへの転送も即座に可能なため、高画質、高感度で撮影した写真をすぐにSNSなどに投稿できます。

 また、流し撮り撮影をする際に成功率を上げるためのトレーニング用に、「被写体ブレガイド」を搭載。撮影時のブレ情報を表示するガイドを搭載しており、航空機の撮影などでも有益な機能です。より上位機種(EOS R6 Mark IIやEOS R8)に搭載されている「飛行機」を自動検出する機能はないものの、自身のウデでカバーすることもできそうです。

 本体サイズは「EOS Kiss M2」とほぼ同等で、幅約11.6cm、高さ約8.5cm、奥行き約6.8cm。最も軽いホワイトは約376gで、気軽に持ち出せるサイズです。

 同梱された「RF-S55-210mm F5-7.1 IS STM」は、35mm判換算で約88~336mm相当の焦点距離をカバーしながらも、全長は約92.9mm、重さ約270gと、小型かつ軽量です。

【画像】「EOS R50」と「EOS R8」を詳しく見る

最新記事

コメント