山手線だけで大手私鉄並み!? 新車化に必要な車両製造数とは

ひっきりなしに列車が行き交う東京の大動脈、山手線。はたして何両の車両が使われているのでしょうか?

あの大手私鉄を全部新車化するのと同じ!?

 東京の中心部を走る山手線で2015年秋から、新型車両E235系が営業運転を始めることになりました。まずは1編成だけ新型のE235系が投入されますが、順次追加され、数年のうちに山手線はE235系だけが走ることになるでしょう。

 さて山手線の既存車両をすべて新型車両に置き換えるには、はたしてどれだけの数の車両を製造する必要があるのでしょうか。

現在山手線で使われている車両(E231系500番台)の前に、山手線で使われていた205系(写真右)。2005年まで山手線を走っていた。

 山手線の編成はすべて11両編成です。この11両編成が何本あるかによって、全車両数が分かります。

 列車本数が非常に多いことで知られる山手線は、池袋4時25分発の初電から品川着1時19分の終電までおよそ21時間のあいだ、最短2分20秒間隔という高密度で列車が走っています。そのため必要な編成数も大きく、全部で52編成もあります。

 よって11両×52編成ですから、山手線の車両は全部で572両あることになります。言い換えれば山手線の車両をすべて新しくするには、572両も製造する必要があるというわけです。

 572両といわれてもあまりピンとこないかもしれませんが、これは結構な数だったりします。成田空港アクセスを担い、千葉県内を中心に路線網を持つ大手私鉄の京成電鉄には、合計で594両の客用車両が在籍しています(2013年3月末現在)。つまり山手線の車両をすべて新車に置き換えるということは、大手私鉄まるまる1社分の車両をすべて新車にするぐらい、大規模な話なのです。

この記事の写真一覧

  • 20140703_yamate
1 2

関連記事

最新記事

コメント