安全運行を妨げる台風の接近 鉄道が影響を受ける雨と風の強さはどのくらい?

状況によって異なる雨量規制値

 大雨によっても鉄道の運行は影響を受けます。土中の水分が多くなると線路の地盤が流出したり、崖崩れなどが起こる可能性があるからです。

 降雨による速度制限、運転見合わせの基準は風速ほどシンプルではなく、線路の環境やそれまでの経験によって対応を決められているのが特徴です。

 例えばJR東日本では、土中の水分量を基準にした「実効雨量」という指標によって対応を行っています。単純な降雨量で判断するのではなく、どれだけ土中に水分があり流出や崩壊などの危険性が高いか、といった観点による指標になっています。

 降雨量で判断する場合は1時間あたり40mm以上、連続300mm以上の雨で運転見合わせになるケースが多く見られます。

 風、雨ともここに記載した内容は各鉄道会社における基本的な対応であり、路線の状況、場所などによって規制値や対応が異なる場合がありますのでご注意ください。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

コメント