鉄道員への暴力行為 最も多い発生理由は「理由なし」

噛みつかれ、殴られ、蹴られる鉄道員

 日本民営鉄道協会によると、鉄道係員に対する暴力行為の具体的事例として以下のものがあるそうです。

●乗車券を提示せず有人改札を通過しようとしたため、呼び止め改札付近で確認をしていたところ、加害者が暴れ出し腕に噛みつかれるなどした。【日曜日、深夜(22時~終電)、20代、飲酒あり】

●終着駅にて車内で寝ていたお客さまを起こそうとしたところ、突然胸ぐらをつかまれた上、顔を殴られて負傷した。【日曜日、夜(17時~22時)、40代、飲酒あり】

●改札内でお客さま同士のトラブルが発生し、駅係員が制止しようとしたところうち1人から殴る蹴るの暴行を受け負傷した。【日曜日、深夜(22時~終電)、不明、飲酒あり】

Large 20141204 bouryoku
12月8日から駅構内や車内に掲示される「暴力行為防止ポスター」。その発生を未然に防ぐため、メッセージをストレートに伝えている(資料:日本民営鉄道協会)。

 日本民営鉄道協会を始めJR各社など鉄道事業者は2014年12月8日(月)から共同で、暴力行為の発生防止を目指すポスターを駅や車内に掲出します。「暴力は犯罪」というタイトルでストレートに呼びかけ、「わかりやすく伝えると同時に、社会的に許されない行為であることを強調し、暴力行為を未然に防ぐことを念頭に制作」したそうです。

 また合わせて「酔っていたでは許されない」というメッセージによって、「いかなる状況であろうと暴力は絶対に許されない」ことを鉄道業界が結束して強く訴えるとしています。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント