現れた「始発」の文字 上野東京ライン開業を前に揺らぐ上野駅

一足早く「上野東京ライン仕様」になった上野駅

 そうしたなか上野駅で現在、小さなことながら、大きな意味を持つ変化が起きています。宇都宮線や高崎線、常磐線の列車発車時刻を案内する上野駅の電光掲示板に、「始発」という文字が入り始めたのです。

Large 20141215 ueno1
「始発」の文字が入った上野駅の発車案内(2014年12月11日、恵 知仁撮影)。

 これまで上野駅を発着するそれら各線の列車について、全列車が上野駅を始発・終着駅としていました。そのため電光掲示板に、「始発」という文字を入れる必要はありませんでした。

 しかし来年3月に上野東京ラインが開業すると、東京駅方面から直通してくる列車と上野駅始発の列車に別れるため、そうした「始発」という表示が意味を持ってきます。つまり上野駅の電光掲示板が一足早く「上野東京ライン仕様」になったのです。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント