東北・北海道悪天候で空路混乱 大幅遅延の寝台特急は「走行3日目」に突入の可能性も

低気圧の影響で北海道、東北地方で強風や大雪、猛吹雪のおそれがあり、すでに大きな影響が出ています。航空機では新千歳空港へ着陸できない便が多数発生しているほか、寝台特急「トワイライトエクスプレス」は「走行3日目」になる可能性も出ています。

羽田発羽田行きの航空機

 2015年1月7日から8日にかけ北海道と東北地方で、低気圧の影響による強風や大雪、猛吹雪のおそれがあり、すでに公共交通に大きな影響が出ています。

 新千歳空港では7日14時40分現在、除雪作業に伴い滑走路が閉鎖されており、着陸できないことから遅延や欠航、出発地へ引き返したり、目的地を変更する便が多く発生しています。

新千歳空港へ着陸できず、出発地の羽田空港へ戻る日本航空515便の軌跡(画像:Flightradar24.com)。

 日本航空515便(羽田→新千歳)は、12時43分に羽田空港を離陸。14時05分に新千歳空港へ到着する予定になっていました。しかし新千歳空港へ着陸できず、その周辺でしばらく旋回。結局、出発地へ引き返すことになり、離陸して3時間11分後の15時54分、再び羽田空港へ戻っています。

この記事の写真一覧

  • 20150107_akutenkou2
  • 20150107_akutenkou1
1 2

関連記事

最新記事

コメント