熊本電鉄、銀座線の電車を導入 東京メトロと都営地下鉄、両方の電車が走る路線に

熊本電鉄は3月から元東京メトロ銀座線の電車を導入する計画で、現在はその車両の改造工事を進めています。なぜ改造が必要になるのでしょうか。またどうやって東京から熊本まで電車を運ぶのでしょうか。またこれにより熊本電鉄は、元東京メトロと元都営地下鉄両方の車両が走る路線になります。

パンタグラフがない電車

 熊本電鉄では、2015年3月から新車両が導入される予定です。新たに登場するのは元東京メトロ銀座線の01系という電車で、現在は熊本電鉄への移籍に向けて車両の改造工事が実施されています。この01系、電車にもかかわらずパンタグラフがないなど、そのままでは熊本電鉄を走ることができないからです。

熊本電鉄への移動に伴い改造工事を受ける元東京メトロ銀座線の01系電車。左奥に西鉄の車両も見える(画像提供:熊本電鉄)。

 熊本電鉄も銀座線も、外部から取り入れた電気を使って車両が走る、というのは同じです。しかし熊本電鉄は線路上空にある架線からパンタグラフで電気を取り入れる「架空電車線方式」なのに対し、銀座線は線路脇に設置された3本目のレールから電気を取り入れる「第三軌条方式」。そのため銀座線で使われていた01系にはパンタグラフがなく、架線から電気を取り込めないので、熊本電鉄を走ることもできないのです。

 線路の幅も異なります。熊本電鉄はJR在来線と同じ1067mmですが、銀座線は新幹線と同じ1435mmでサイズが合いません。

 こうした熊本電鉄と銀座線で異なる仕様について対応させるため、パンタグラフを新たに搭載する、車輪部分のサイズを合わせるといった改造工事が実施されているわけです。ちなみに熊本電鉄によると、改造工事は福岡県の西日本鉄道(西鉄)で行われているそうです。また銀座線時代の01系は6両編成でしたが、熊本電鉄では2両編成になります。

この記事の写真一覧

  • 20150129_kumamoto3
  • 20150129_kumamoto2
  • 20150129_kumamoto1
1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業