イタ車を売るためにヨガ その緻密な販売戦略

東京都渋谷区の高級住宅街、松濤。そこに店舗を構えるフィアット/アルファロメオ松濤は、単純に自動車を販売するだけでなくカフェを併設しているほか、ヨガやフラメンコ、トークショー、ジャズライブなど様々なイベントを実施しています。そこには「イタリア車を売る」にあたっての、緻密な販売戦略がありました。

イタリア車が好きな人、その特徴とは?

 山手通り沿いという好立地にあるフィアットアルファロメオ松濤は、2014年3月にオープン。元々はホンダディーラーがあった場所に建てられた店舗で、フィアットとアルファロメオの新車中古車の販売、整備を行っているほか、店内にはフィアットカフェも併設。さらにヨガ、フラメンコ、トークショー、ジャズライブなど、普通のディーラーではあまり行われないイベントを定期的に開催しています。なぜこのような珍しいイベントを行うのか、その理由を代表取締役社長の湯本拓治さんに聞いてみました。

フィアット/アルファロメオ松濤では月2回、ショールームでヨガイベントを開催(画像提供:フィアット/アルファロメオ松濤)。

 まず湯本さんによると、渋谷区では輸入車の割合が高いもののドイツ車が圧倒的に多く、イタリア車のシェアは少ないといいます。ただ輸入車への関心度が高い「ポテンシャルのある土地」ということで、かねてからこの松濤での出店を考えていたそうです。

 そして出店にあたっては地域の人に気兼ねなく訪れてもらうため、オープン当初からカフェを併設。そしてより多くの人に来店してもらえるよう、定期的にイベントを開催しているといいます。しかしなぜ、そのイベントがヨガやフラメンコなのでしょうか。

 それはフィアットの購入層に30~40代の女性が多いためで、また同店の調査によると、イタリア車に乗る人は性能ではなく人生をいかに楽しむか、またその車を持つことで人生を充実させたい、と考えている人が多いといいます。そうしたイタリア車好きの嗜好に合わせ、ヨガやフラメンコが開催されているわけです。

この記事の写真一覧

  • 20150219_alfaromeo_02
  • 20150219_alfaromeo_01
1 2

関連記事

最新記事

コメント