地下鉄、東急線などに「西武らしい電車」が登場

銀色をした西武6000系電車が、期間限定で黄色く変化。これにより「西武らしい」ともいえる黄色い電車が初めて地下鉄や東急線、みなとみらい線を走ることになりました。

黄色い電車、横浜へ

 「西武の電車」といえば「黄色」のイメージを持つ人も多いと思われますが、近年ではシルバーをベースにした車両が増えています。1992(平成4)年に地下鉄有楽町線との相互直通運転対応車として登場した6000系も、そのひとつです。

西武6000系と「黄色い6000系電車」のイメージ(画像提供:西武鉄道)。

 このシルバーの6000系が1編成(6057編成)、2015年4月18日(土)から黄色くなって走り出します。西武池袋線の前身である武蔵野鉄道が1915年4月15日に池袋~飯能間で開業し、今年で100周年を迎えることから、それを記念して行われるものです。

 期間は2016年3月までの予定で、運行範囲は西武池袋線の池袋~飯能間ほか西武有楽町線、狭山線、東京メトロ有楽町線、副都心線、東急東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線です。「西武らしい黄色い車両」が初めて地下鉄や東急線、みなとみらい線へ登場することになります。

 また運転開始の4月18日(土)にはこの「黄色い6000系電車」を使った臨時列車を1本、運行する予定とのこと。ちなみに西武鉄道には黄色い電車、黄色くない電車さまざまありますが、そのなかで黄色い電車は人気が高いそうです。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150413_seibu6000_01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 横浜の黄色い電車と言えば『京急イエローハッピートレイン』で、西武鉄道の車両と同じ塗り分けが有名ですけど、今度は東京メトロ副都心線や東急東横線•横浜高速鉄道みなとみらい線にも既存の西武カラーによる西武車両が入る訳ですか。これは面白いなぁ~。

  2. 私は、関西にいます。
    黄色は、中央線に
    あったかもしれません。関東では、西武が強いのですか?
    東急
    つきみ野出身です。